初施釉、窯入れ。

一日中パソコンいじりするのもどうかと思うので、気分転換に陶芸に出かけました。先生は不在ですが、素焼きが終わった作品もあるので、薬掛けの作業が残っているんです。次回、削りの練習をするので、それなりの数を準備しておかなければいけないので、最初にロクロ挽きをしました。挽いては壊し、挽いては壊しを繰り返します。これがとても気持ちがいいんです。

左回転の削り

今日は「左回転の削り」をしっかり学ぶために、ビデオ持参で参りました。乾燥がやや進んでいて、ちょっと削りにくいかな~という状態でした。「先生、一つお手本をお願いします。」貴重な映像が撮れました。削りまくってしまう人には、とても参考になると思います。湿台がうまくセットできていなくて、先生が付け直してくれました。湿台を付けられない人って結構多いらしいです。

右回転で挽き、左回転で削る

地域によっては多少違いがあるようですが、日本では「右回転」が基本じゃないの??? と思いました。それに、これまでの先生にはそうやって教えてもらいました。間違って左回転にしたもんなら、すぐに指摘されたもんですよ。でも先生は、「右回転で挽き、左回転で削る」んですって。ネットで調べてみましたが、そうやって削る人もいるそうです。

削りのタイミング

これまでとは違うロクロの挽き方を習い、今はひたすらそればかり練習していますが、これまでに1,000個以上挽いたんですけど、挽いては壊し、挽いては壊しを繰り返していたので、結局、1個も「削り」の作業までいってないんですよ。

猛特訓の成果[動画]

昨日、何となく感覚が掴めてきたので、忘れないうちにまた練習しに行ってきました。先生は不在なので、一人で黙々とトレーニングしています。言われたことを一行程ずつ確認しながら、繰り返していきました。そしたら、昨日までギクシャクしていた左手がうまく動くようになってきたんですよ。ロクロの回転スピードは「最大」で、リズムが合うようになってきました。

修行の日々[動画]

先生のお手本を見て、説明を聞いて、頭では分かっているつもりでも、それが指先に伝わらないんですよ。私ほど出来の悪い人間はいないかもしれないな~。来週は先生が不在だそうで、次に指導を受けられるのは、再来週になってしまいます。「変な癖が付かないように」と念を押されました。とにかく今は言われたことがしっかりできるように繰り返しやるだけです。

2011年春、茨の道。

ゴールデンウィークの真ん中の3連休も陶芸とパソコンです。パソコンに真剣に向かい始めると昼と夜が逆転してしまうので、朝7時に寝て、昼に起きる...という不健康なリズムになってしまいます。どちらも新しいことを覚えようと、一生懸命取り組んでいますが、私はものすごく不器用なので、人の何倍も努力しなければ、決して身に付けることはできません。

まっすぐな湯呑み1万個を目指す

前回、自分の中ではちょっとだけ感覚が掴めたような気がしてきたんですけど、「よく出来ているところ」と「出来ていないところ」を指摘されました。どうしても口の部分が広がってしまうので、内側と外側の指の当て方や力の入れ方を教えてくれました。