道東遠征3日目:斜里岳

道東遠征も3日目になりました。これまでどこかに泊まるときは「安くて良い宿」を探すことが多かったんですけど、今回は全行程「車中泊」なんです。道の駅などに駐車して、車で寝るんですよ。運転中に眠たくなって仮眠を取ることはありましたが、やろうと思って車中泊をしたことはなかったんです。

それがどうよ。3日も経つとすっかり慣れてきました。山用の道具はとても機能的なので、こういう時に大いに役立ちます。寝袋は私が普段使っている布団よりも格段に軽くて暖かいですね。(^^ゞ

道東遠征もこれで最後になりますが、今日はこの遠征をするきっかけになった「斜里岳」に登ることにしました。一番天気のいい日に照準を合わせましたが、ここも日本百名山の一座で「沢歩き」で有名な山です。私はこれまで「沢登り」はもちろんですが、「沢歩き」の経験もありません。「沢って川のことでしょ? つーことは、靴が水に濡れるんでしょ?」ぐらいの知識しかありませんでした。

山登りが楽しくなってきたら、今度は沢が楽しくなってくるという話も聞きます。登山コースもそれほど難易度が高いものではなさそうだったので、思い切って挑戦してみることにしました。朝から晴天ですばらしい雲海が広がっていました。

(画像をクリックするとヤマレコにリンクします)

20130804

山頂のマグは、1日目と同じものです。いつも違うマグで飲んでたから物足りないなぁ。早く新作作らなきゃ~。

噂の沢歩きは思ったよりも楽しかったです。苔で滑ったり、急なところもありましたが、私のレベルでも登れました。登りは緊張の連続だったので、疲れを感じる余裕もなかったんですけど、かなりひどい筋肉痛でした。山頂まではノンストップで来ていますが、本当にヘロヘロでしたね。去年は1日で12時間ほど歩いたこともありましたが、あの頃よりも今の方がレベルは上がっていると思いますが、今の私にはこれが限界だな~と思いました。4日目はムリですね。何日も筋肉痛を引きずってました。(^^ゞ

限界は超えて初めて気付くもの。