Googleの2つのツールでアクセス解析をした結果

ブログサービスは沢山ありますが、たいていのブログでは管理画面に入ると「アクセス解析」が見れるようになっていると思います。私は以前アメブロで長い間ブログをやっていましたが、1年間更新しなくても、毎日数百アクセスあったりするんですよ。そんな熱狂的なファンがいるわけもないので、どう考えてもおかしいと思いますね。(笑)

あれは、生身の人間が実際に見に来てくれたものではなくて、その多くは「ボット」とか「クローラー」と呼ばれる巡回ツールなんですよね。まぁ、ごく稀に毎日チェックしてくれる人もいたりしますけど。そんな方には、フィードリーダーを使ってもらいたいですね。お気に入りのブログが更新されたらすぐにわかるので、何度もチェックする必要がなくなります。

アメーバには、オリジナルキャラクターを作って遊べるピグなどのサービスもあるので、それはそれで楽しくていいし、毎日何百も訪問があれば、新しい記事を書く気持ちになるかもしれないので、それでヤル気が出るならそれまたいいと思います。私は無料でできる範囲で使っていたので、広告があちこちに出るのが嫌でしたが、広告収入で成り立っているんだから文句は言えませんね。有料サービスに切り替えると広告を消すことができますが、毎月それなりの支払いが発生するので、そうなると自分でサーバーを借りても金銭的な負担はさほど変わらなくなるし、自由度も高くなるので、今ではレンタルサーバーを借り、ドメイン取って、WordPressを導入しました。

私がWordPressに移行したときに、何より大変だったのは、それまでの記事を引っ越すことでした。エクスポートやインポートツールがついていて、データのやり取りがきちんとできるようになっているブログも多いのですが、アメブロではエクスポートツールがなくて、FC2のインポートツールを使えば、何とかなることが分かったので試してみました。FC2にブログを開設して、そこにインポートして、それをさらにエクスポートして、WordPressでインポートしていきます。ブログの記事だけならば、問題なく移行できるのですが、問題は画像でした。FC2ブログに置いてある画像にリンクする形で、うまく表示されますが、FC2のブログを閉鎖したら、やっぱり画像も削除されるわけで。画像のソースを見たら、他のブログにリンクしてるなんて、スマートじゃないし、やっぱりそういうのは気になるんです。

粘土や釉薬の組み合わせの記録は、自分にとっては貴重なデータだし、陶芸を始めた頃からの記録がきちんとまとまっているのはブログしかなかったので、とても思い入れがありました。陶器に全く興味もなかったし、欠けた茶碗を平気で使っていたし、笑えるほど不器用だったのに、今ではレストランや居酒屋さんで使ってもらえるようになったのです。ちっちゃいけど、私にとっては大切な財産でした。そんなこともあって、古いブログもしばらく残していましたが、お膳立てされた環境でやってきたことにはもうサヨナラしてもいいと思えるようになってきたので、未練タラタラでしたが、諦めることにしました。新しい粘土や釉薬にチャレンジして、自分の色を探していきたいのでね。だからといって、真面目に陶芸に取り組んでいるとも思えないけどね。(笑)

私はロリポップを使っていますが、大容量で機能が豊富で、テーマの違うブログを複数構築でき、ショッピングシステムもついています。つい最近、セキュリティ面でトラブルがあり、話題になりました。他のサーバーへの引っ越しも考えましたが、そういうことがあったサーバーは以後の対応が良くなってくると思うので、今でも継続して使っています。

話が脱線しまくってますが、今日はアクセス解析のことを少し書こうと思います。あらかじめ言っておきますが、私のブログはアクセスが多くありません。毎日10,000アクセスぐらいあるなら、大きな声で物申せるんですが、訪問者数でせいぜい50人ぐらいです。ブログを更新するとfacebookに流れるようにしてるので、50人のうち、facebookの友達が10人ぐらい見てくれていると思います。お気に入りからこまめにチェックしてくれている人も少しはいるかもしれません。記事の内容に関心はないと思うので、実際に読んでるかどうかは疑問ですけどね。残りはブログランキングからの訪問者が多いので、陶芸に興味がある人が見てくれていると思いますが、プロの陶芸家であったり、私と同じぐらいの経験のある人かな~?と思いますが、言ってみれば、同業者ってことですよね。

それ以外は、GoogleやYahooで「キーワード検索」をした結果から辿りついた人になります。YahooはGoogleのエンジンを採用しているので、基本的に検索結果は同じになると思いますが、Chromeでは自分がよく見るサイトが上位に上がってきたりするので、厳密に言うと同じではありませんが、買ったばかりのパソコンで検索したら同じになると思います。

ブログの存在を全く知らない人が検索した「キーワード」で訪問してくれた人をリピーターにするのが、読者を増やす理想的な形だと思いますが、ほとんどの人は、特定のキーワードで検索したときに、検索結果の最初の1~2ページぐらいしか見ないと思います。なので、自分のサイトがGoogleの検索結果の上位に出てくる方法を知りたいと思う人は多いです。それが簡単にできるようなら誰も苦労しませんが、結局のところ、読者が必要とする情報を提供するしかないと思います。

以前は被リンク(外部からのリンク)が重要視されていたので、「サテライト(衛星)サイト」を作って、主サイトへのリンクを貼るといった、いわば「自作自演」の効果を推奨していた人もいましたが、Googleの検索技術はどんどん改良されていて、こうしたサイトはスパムと判断され、検索結果の上位どころか、検索結果から排除される可能性もあります。つーか、実際にそういう動きが始まっているようですね。それもそのはず、自分が検索する立場なら、やはり有益な情報が上位にヒットしてほしいですから。

晩のおかずから宇宙の話や、何千年前の歴史の話だって、調べられないことはないぐらいインターネット上には情報が氾濫しています。専門性が高かったり、とにかく文章が面白かったり、とてつもなく癒される写真だったり、人によって有益な情報というのは違うので、ユーザーのニーズに合えば、それで訪問者は増えるのです。取り上げるテーマは、広く浅い情報よりも狭く深い方がいいと言われています。

 

54a09fae6e4379594bd33a1612e275daそんなわけで(どんなわけだ?)自分のサイトやブログにどのぐらいの訪問数があり、どんなキーワードでヒットしているかをきちんと把握しておきたいものです。

私のブログはあまりお手本にはなりませんが、ブログを書いても誰も見に来てくれないとか、お金を掛けてホームページを開設したのに問い合わせが来ないとか、そんなことはよくある話です。最初は誰も読んでくれないかもしれませんが、それを続けなければ、箸にも棒にもかかりません。書くことが好きならば、毎日更新も夢じゃないと思いますが、アクセスアップを目指す為だけに毎日更新しようとするのはどうかと思いますね。直近の記事を見ようと思ったときに、どうでもいいものばかりが目に付いてしまうならば、逆効果になると思います。隙間を埋めるための記事を書く必要はありません。

伝えたいことをしっかりと、自分の言葉で書くことが大切だと思います。

ブログの場合は「話し言葉」で書くのがいいと思います。文章を読んでいるだけで、親しみやすさを感じたり、話し掛けられているような感覚になります。ブログ主の人柄が垣間見られて、親近感を覚えることもあるでしょう。

かといって、絵文字を乱用するのはどうかと思いますけどね。まぁ、読者のターゲット層もあるので、絵文字がいい場合もあるかもしれません。

右の画像は、Googleのウェブマスターツールによる直近1ヶ月の検索キーワード解析です。特定のキーワードで「Googleで何番目に検索されるか」「実際にそのキーワードでサイトにたどり着いた回数は何回か」などを知ることができます。

ブログのタイトルを入れて上位にヒットするのは当たり前の話ですが、10位以内にヒットしているキーワードが結構あります。「液体セラミック」「クレイガン」「半磁器土」「石膏」などが上位にヒットしています、液体セラミックの話題はまだ1回しかブログに書いていないんですが、他のブログではあまり取り上げていないのでしょう。どのぐらいの効果があるか試してみようと思いながらも放ったらかしにしていました。この解析結果を見て、液体セラミックの話をもうちょっと深く掘り下げてみようかなと思いました。ここでは詳しく書いていませんが、山関係のキーワードでも上位にヒットしているのがわかります。

残念なことに「陶芸」という単独のキーワードでは圏外でした。それもそのはずで、私よりもずっと有益な情報を提供している陶芸関連のブログは沢山あるのでね。なので、どうしてもそのキーワードで検索結果の上位を狙うならば、他の人よりもより深く詳しい情報を書かなければいけません。

その記事を読みたいと思う人がいますか?

読者の心を揺さぶる内容ですか?

誰かの役に立つ情報ですか?

Googleに好かれるようになるには、生身の人間に好かれるようになることです。

記事のタイトルも重要です。タイトルを見るだけで記事の内容が想像でき、それが読みたくなるようなキャッチコピーのようなタイトルが理想です。

記事の長さは短すぎても伝えたいことが書ききれないと思いますが、長すぎても嫌ですね。だって、ここまで読んだら疲れたでしょう?

こんなに長くて、ダラダラするのはやめた方がいいと思います。私は文章を書くのも読むのも苦手なので、まとめることもできないので、こんな風にダラダラになっていきます。(笑)

下の画像は、Googleアナリティクスによるブログの訪問者数です。ブログをリニューアルし、解析を始めてからのデータです。今年はやきもの市に初出店したので、その頃はPR活動のためにブログもマメに更新していたので、グラフが伸びているのがわかりますね。その後、お山に心が奪われていた時期も記事を更新すれば訪問者が増えるという感じです。

アナリティクス

公開するほどの数ではありませんが、Googleアナリティクスを使うと、この他にも「地域」「使っているブラウザ」「画面解像度」「モバイル環境」「離脱率」など、色々な解析ができるようになっています。色々ありすぎて、私もよくわからない部分も多いんですが、ユーザーの動向を調べるには最適なツールだと思います。設定の仕方などを詳しく書いたブログも沢山あるので、ここでは説明しませんが、こういうツールを使えば細かく分析できるようになります。

分析して、それをこれからどう役立てるかが大切です。ブログは育てるものです。テーマを絞った有益な情報をコンスタントに書いていけば、そのうち大化けするかもしれません。

ちょうどLIGのSchooで、アクセス解析の講座をやっていたようで、プレゼン資料が見れます。私の記事よりもずっと参考になります。

http://schoo.jp/class/267