新しいExcelで情熱を分析してみる

ブログでは陶芸と山の話題ばかりですが、これまで長いことパソコンインストラクターをしていました。今は普通に会社勤めをしているので、一般の方に向けた定期的な講座などは開いていませんが、協力者を集めてスタートした【えびす】で、サークル活動をしながら、スキルがこれ以上退化しないように、週1ペースで勉強会を開いています。【えびす】の今年のテーマはAdobe製品なので、Office関連に関してはほとんど行っていません。

2014年4月にWindowsXPとOffice2003のサポートが終了するので、長年愛用してきたOffice2003とはそろそろお別れになります。WindowsXP&Office2003に使い慣れている人が、ある日突然、Windows8&Office2013に変わったら、とても戸惑うと思います。「これまでとは別モノ」という認識で使った方がいいかもしれませんね。

最新バージョンのOffice2013を使い始めたばかりですが、良くなった部分もあれば、そうでない部分もありますね。私の場合、ExcelとAccessがメインなので、過去に作った表やデータベースが同じように再現できればいいんですけど、Accessは2007以降からかなり変わってしまいました。それでも使う必要があるんだから新しいバージョンを使いこなすしかなんですけどね。

新しいExcelで私の一年は何がどのぐらいの割合を占めているのかな?と思って、分析してみました。平日はフルタイムで働いてるんだから、仕事の割合が多いのは当たり前ですが、陶芸は30%ぐらいあるかな~と思ってたんですけど、実際には15%ほどで案外少なかったです。陶芸と山とパソコンのバランスが絶妙なのがわかりますね。(笑)

384624a1c55dd7749943415bbebc2eb11

さらに、気持ちがどんな風にシフトしているか「気持ちの移り変わりグラフ」も作ってみました。Excel2013では、作ったデータに合う最適なグラフが選べるようになっています。私の気持ちがどのように移り変わっているかがよく分かりますね。もうすぐボードの時期です。

f8c860f465723a8e120349f946908e4b

ハードを買い替える予定はありませんが、ソフト面は公私共に新しい環境に切り替えたし、問い合わせも増えてきたので、来年早々には乗り換えユーザーを対象にした小規模な講習会を開きたいと思います。日程や時間などの詳細はまだ決めていませんが、近日中にお知らせします。

私の講座のコンセプトは「楽しくて為になる」ことです。私も勉強中の身ですので、質に自信はありませんが、色んなことを相談できる場を設けたいと思います。