あの粘土の窯入れ

情熱の矛先がキャンドルポットに向けられているような感が否めませんが、他にも年内にやろうと思っていたことが残っています。

そう、あの粘土です。

今年の6月に工事業者の方から採取した粘土についての問い合わせがありました。採取した粘土について何の知識もありませんが、これも何かの縁だと思って、プロのアドバイスをいただきながら、自分なりに作業を進めていました。

これまでの経緯を順番にすると・・・

2013/06/16 採取した粘土についてアドバイス求む

2013/06/22 採取した粘土のテスト

2013/07/06 素焼きと焼き締めテスト

2013/10/20 あの粘土のこと。

2013/11/02 あの粘土の続き。

2013/11/03 あの粘土を挽いてみる。

2013/11/10 あの粘土を削ってみる。

一度、素焼きと本焼きのテストをしてみましたが、焼き上がった粘土は軽石のようにスカスカになってしまい、完全に失敗に終わりました。粘土の有機物を抜くために、数ヶ月間野ざらしにしていました。その後、不純物を取り除いて、耐火度の高い粘土と混ぜて作り直してみました。

やっと素焼きが終了し、釉薬を掛ける時がきました。耐火度を上げるために「もぐさ土」をブレンドしたんですけど、問題はその割合です。採取した粘土が筆頭株主になるよう51%以上入っています。

素焼きが終わった器たちは一見普通ですが、少し気になるのが「とても軽い」ということです。こんな軽さで本焼きの温度に耐えられるだろうか...最初の焼き締めテストの結果と同じようになってしまうかもしれません。

2013121410

他の器たちもあって写真をきちんと撮るのを忘れてしまいましたが、湯呑みには「白マット」、マグには「ワラ灰マット」、お茶碗には「透明」、中鉢には「白マット+織部」だったような気がしますが、焼き上がったら分かります。(笑)

2013121415

他の方々の作品があるので、窯入れは来週の予定です。残念ながらクリスマスには間に合いませんが、うまく焼き上がったら、この試練とブログネタを提供してくれた送り主にプレゼントしようと思っています。(笑)

ドキドキします! あとは神頼みかな。

続きはこちら

あの粘土の窯入れ” への2件のフィードバック

  1. 匿名 返信する

    大変ご無沙汰しております。
    昨年に何度かやり取りをさせて頂きました、、工事屋でございます。

    年末からのバタバタで、、
    本当にしばらくサイトを拝見できずにいましたが、ようやく
    落ち着きましたのでゆっくり拝見させて頂きました~。
    とにかく、、面白くって、素晴らしいですね~!
    「あ~こんな風にブログ作れたら~」とか、誰かに、ブログを
    勧めたくなるような・・・
    ところで、、この後ってどうなったのか気になりますね~。。。
    ブログで楽しみに結果をまってます!!

  2. みっちぃ 投稿者返信する

    コメントありがとうございます。
    昨年中に焼き上がるかと思っていたんですが、未だに焼成待ちの状態が続いており、つい先日、やっと窯に入ったところです。

    今回のことでは、私も色々と勉強になりました。3月初旬には窯出しできますので、少々お待ちください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。