作家目線、客目線。

たくさんの窯元の作品を一気に見れる陶芸イベントは大好きで、特に「えべつやきもの市」は出店する窯元が桁違いに多いので、毎年のように訪れています。色んな作家さんの作品を直接手に取って見ることができるし、新しい作品に出会うこともできます。素晴らしい才能を持った作家さんとその作品を同時に見れる刺激的な空間です。体中の色んな細胞が刺激される感じがして、たまらなくいいんですよ。

そのイベントに自分が出店できるようになったのは驚きですが、出店にあたって審査があるわけではないので、早めに申し込みをして期日までに出店料を入金すれば誰でも店開きできるわけで。(^^ゞ

私はずっと客目線でこのイベントを見ていましたが、面白いようにお客さんが集まるブースとそうでないブースがあります。群集心理なのか、人だかりが出来ていると、さらに人が増えていきます。去年、私のブースはそんな感じになっていて、初日の午前中だけで、目ぼしいものはなくなってしまいました。

それまでの客目線での分析が功を奏したのか、値段が安かったのか、ブログで宣伝したのが良かったのか、単なる偶然なのか…。知り合いも大勢駆けつけてくれたので、サクラ効果もあったと思います。

目当ての作家さんがいる場合は、その番号を探して直行すると思いますが、そうでない人はシャトルバスの降り口から近いブースから見ていくでしょう。几帳面な人は1番から順番に見るかもしれません。

その作家さんのスタイルであったり、色や質感などのオリジナリティが出ているブースはやはり目を引きます。300店以上のお店が並んでいる中で、足を止めてもらわなければ、箸にも棒にもかからないので、インパクトのある作品を目立つところにディスプレイして、配色とブース全体の統一感を意識しました。

去年はそんな感じだったので、製作段階から使う色を厳選していましたが、今年は新しいシリーズを作りたくて、試作を繰り返し、結局、試作で終わった感が否めません。

とにかく数だけはそれなりに揃いましたが、品質的に難ありのものも多いので、アウトレットも沢山ありますが、持って行く予定のものを一気に紹介しますね。

2014071002

2014071001

2014071021

2014071003

2014071004

2014071005

2014071006

2014071012

2014071028

2014071027

2014071010

2014071032

2014071022

2014071015

2014071017

2014071016

2014071031

2014071030

2014071020

2014071023

2014071019

2014071025

2014071011

ここから下はアウトレットが多くなります。

 

2014071014

2014071024

2014071026

2014071009

2014071008

2014071007

化粧土を使ったスープカップは口縁の部分が剥離してしまったものはアウトレットになります。化粧土は本当に難しいです。

2014071013

作家目線、客目線。” への2件のフィードバック

  1. miku 返信する

    10日ほど前、たまたまネットサーフィンしていて手が止まったのがこちらでした。
    それ以来、毎日とても楽しく読ませていただいております。
    どんどんさかのぼってここまで来ました。

    ずっと続けてくださいね。

    • みっちぃ 投稿者返信する

      mikuさん、コメントありがとうございます。
      ずいぶん遡ってくれたんですね、ご訪問に感謝します。

      イベントがある時でないと更新頻度が極端に落ちてしまいますが、好きなことなのでボチボチ続けています。
      また覗きに来て下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。