素焼きとマグの仕上げ

個展に向けて最終追い込みに入っています。陶芸はその日作ったものがすぐに出来上がるわけではないので、これから何を作っても本番には間に合いません。これからは素焼きや本焼きといった作業が待っています。今日は陶友会の素焼きです。

素焼きに関しては、作品を重ねて焼成することができるので、かなりの数を焼くことができます。本焼きでは釉薬を掛けるので、重ねて焼くことができません。素焼きで窯をいっぱいにした場合は、全部一緒に本焼きすることはできません。私の作品は他のメンバーよりも数が多いので、窯の占有率が高くなってしまうので、今回は素焼きのみお願いします。

家でちまちまと穴を開けておいたポットを運びました。素焼き前にはしっかり乾燥させておかなければならないので、これを運ぶのが一番神経を使いますね。 一番壊れやすい状態だし、修復が難しいです。

2014110202

板さんはシーサーを沢山作っていました。やっぱり板さんのセンスは独特でいいなぁ。

2014110201

素焼きはゆったりとした感じでした。750℃で5時間ほどかかります。

2014110203

伝習館に移動して、作りかけだったマグの仕上げをしました。すっかりロクロの腕が落ちて、かなり厚ぼったくなってしまったので、軽量化のために削りで仕上げてしまいました。

2014110204

こちらは冬期時間割に変わったようで、焼き上がりはずっと先になりそうです。

2014110205

この後、五郎さんの工房で撮影をしました。五郎さんの作品をプロデュースするために専用サイトを立ち上げようと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください