渋い織部の器たち

私がお世話になっている教室や窯元はいくつかありますが、灯油窯の焼成でお世話になっているのが旭川の「一路窯」さんです。11月に窯を借りたときに、温度が上がるのを待っている間に何点か挽いておきました。先日、作品が焼き上がったので、取りに行ってきました。

これまでにはなかった渋い色で焼き上がりましたので、制作過程を紹介していきます。

白いマントの雄姿「旭岳」

天気が良さそうだったので、旭岳に行ってきました。朝のライブカメラの映像を見る限りでは、強風でロープウェイは減速運転中だったので、運休になるのでは?と心配していましたが、着いた頃には風も少し落ち着いていました。姿見駅を降りたときには、この天気でした。冬山は厳しいけれど、本当に美しいです。

この時期、休みと気象条件が一致するのは滅多にないことです。行ってみて本当に良かったです。私はスノーボードで何度か滑りましたが、ロープウェイで往復することもできるので、暖かい格好さえしていれば、ここまでは誰でも来ることができます。

新作マグのテスター募集

個展では「灯り」をテーマにしたので、キャンドルポットやランプシェードばかり展示していましたが、来場者の方からは、カップや食器など、他の作品について聞かれることもありました。何年か前まではとにかく沢山作っていましたが、今は少しセーブしていて、イベントなどの出展予定があるときだけ、まとまった和を作るようになりました。モノが余っている時代なので、普段使いの器については、飽和状態だと思います。「100円」で買える量産品は山ほどあるし、食器棚には使っていない食器だってあるでしょう。

Office冬期トレーニング

先週から始まっているのですが、Word&Excelを中心とした冬期トレーニングを行っています。私自身のスキルは全く進歩していないのですが、それでもパソコン教室を開いて欲しいという要望が多いので、今年も行うことにしました。

何でもそうだと思いますが、何かを覚えるためには「目的」と「時間」が必要ですよね。パソコンを含めたデジタル機器の使い方をマスターしたいという人は多いんですけど、スタート地点も違うし、ゴール地点もバラバラになっていて、足並み揃えて取り組むことが難しくなってきました。

人気のあったポット

年が明けたというのに、まだ去年の個展の話を引きずっていますが、コツコツ貯めたお金とかなりの情熱を注ぎ込んだので、それなりの結果を出したいと思うのは心情でしょう。(笑)

お礼状を送ったら、電話してくれる人やご丁寧に返事を書いてくる人もいて、それにまた返事を書こうかという気になりましたね。今は個人情報とかもうるさくなっているので、お手紙やご案内を出すのってどうなのかな~と思っていたんですけど、私が次に出展するイベントの便りを楽しみにしてくれる人もいるようなので、また次の予定が決まったら送ろうと思います。

申し出があったキャンドルポットやランプシェードについては、ぼちぼちと里子に出しているところです。

アンケートでは、どんな色や形が人気があるのかも調査したかったので、作品に管理番号を付けていて、気に入ったポットの番号を書いてもらうようにしていました。展示した棚の位置によってもかなり差が出ると思いますが、面白い結果になりました。

あけおめ&2015年の目標

2015年が始まりました。明けましておめでとうございます。冬山シーズンになり、身も心もお山の上でふわふわしています。
スノーボード歴は無駄に長くなりましたが、バックカントリーを始めてから、テレマークスキーに魅力を感じるようになりまして、新年早々スキーセット一式購入しました。今は、コソ錬の真っ只中でございます。