記録は撮って残す

ちょっとしたハプニングは旅につきものですが、それがいい思い出になることもあれば、後々まで尾を引くこともあります。ここでは、山に入るときの装備や旅先で気にしていることなどを書いていこうと思います。

キナバル山トレッキングでは、公園本部までの送迎で人生最大級のハプニングに遭遇しました。

地図で見る世界の物価指数

これから行きたい国の物価を調べていくうちに、物価指数がエリアごとに色分けされている地図を見つけました。2015年のデータのようですが、なかなか興味深いです。シェアできるようソースが公開されていたので紹介します。

ニューヨークの物価を基準(指数100)として、食品、交通、外食、水道光熱費の各カテゴリーの様々なの種目の平均料金を元に比較しているようです。

山小屋の確保

キナバル山のあるマレーシアは、年間を通して寒暖の差があまりないので、雨の多い時期はあるものの、基本的にはいつでも登ることができます。いつでも登れるといっても、中腹にある山小屋を予約しなければ、入山が許可されません。キナバル山に登るための最も困難なハードルといえば、山小屋の確保かもしれません。

写真は私が泊まった「ラバンラタ・レストハウス」です。他の山小屋も歩いて数分の場所にいくつかありますが、ここで受付や食事を行うため、一番人気があるようです。