言葉で伝える力

言葉で伝える力

週に1度のヨガはとても自分に合っていて、リフレッシュ&リラックスできる時間です。職場の福利厚生の一環で始まりましたが、残業で遅れて参加する人もいるので、ちょっと長めの90分の設定です。

インストラクターは札幌から来てもらっていますが、時々都合が悪く交代することがあります。今のところ全員女性で、しかもキレイな人ばかりなんですよ。何でかな~?

ヨガをしていて思うことは、インストラクターの「言葉で伝える力」がハンパないということです。基本的にインストラクターは向かい合わせになるので、左右反対で説明してくれます。私なんて、右と左がどっちかも怪しくなってきてるのに、瞬時に左右反転した表現がスッと出てくるんです。

目を瞑ってポーズを取ることも多いので、インストラクターの動きを見ないこともあります。どこに意識を置くかポイントを押さえながら、そのポーズを取れるように言葉だけで伝えられるんです。

2016031001

声の大きさ、トーン、スピード、元々持っている声の質にもよりますが、とにかく心地いいんです。これまで4名の方のレッスンを受けましたが、皆さん相当勉強してると思います。札幌は人口も多いので、食べ物に関しても、習い事に関しても、色々な競争が激しいので、クオリティが高いですね。「プロだなぁ~」と感心する場面がたくさんあります。

しかし、どんなに美しくて素晴らしいインストラクターでも、そのうちマンネリ化してくるので、インストラクターが時々変わるのも刺激があっていいです。同じポーズでも説明の仕方が違うし、それぞれ得意なジャンルがあったりして、それがまた面白いです。

ヨガの用語は、古代インドの「サンスクリット語」から生まれたもので、世界共通ですが、とても響きがいいんです。インストラクターによって、サンスクリット語を使う人もいますし、日本語に訳した表現を使う人もいます。

レッスンの最後には、横になって瞑想する時間が10分ほどありますが、これをサンスクリット語では「シャヴァ(屍)アサナ(ポーズ)」といいます。うまく瞑想状態に入れると10分で1時間の睡眠に匹敵するそうです。

最初は難しかった動きのあるポーズ「太陽礼拝」も好きになってきました。サンスクリット語では「スーリャ・ナマスカーラ」といいます。体の奥からエネルギーが溢れてくる感じがします。

私もかつて、パソコンのインストラクターとして、バリバリやってた時代がありましたが、今ではすっかり毒も抜けて、かなりゆる~い感じになりました。OSのバージョンアップがどうのとかOffice2016になったとか、時代は色々変わっていて、全くついていってないし、ちっとも分かりませんけどね。表向きが変わったとしても、本質はさほど変わっていないと思うので、積み重ねてきた知識と経験は無駄になることはありません。

結局のところ、自分のやりたいこと、やらなければならないことが、効率よく出来ればそれでいいんじゃないかと思います。パソコンは単なるツールに過ぎませんから。

現役バリバリの頃は、 目を瞑っていても、WindowsとOfficeの画面がバージョンごとに頭に入っていました。目の前にパソコンがなくても、頭の中でコマンドをクリックすれば、その先の画面が展開していきます。自分の持っている知識に自信があったし、インストラクターという仕事がとても好きで、天職だと思っていました。でも、今考えるとそうじゃなかったと思います。たくさんの生徒さんが来てくれたのは、始めるタイミングが良かったことと、比較対象が他になかったことでしょう。(^^ゞ

がむしゃらに突っ走っていた20代、視野を広げすぎて真逆になった30代・・・振り返ってみると、どんな経験も自分に必要なことだったと思います。20代に身に付けた知識と経験は今でも私の生活を支えてくれるし、30代で身に付けた体力と視野は体と心を健やかにしてくれます。体と心がいっぱいいっぱいになったら、要らないものは削ぎ落とし、大事なものには肉付けをする。そうやって、太くて強い精神とシンプルな思考を養っていくのかな~とぼんやりと思うようになりました。

細く長く繋がってくれている生徒さんは今でも沢山いて、私が何かするのを楽しみにしてくれている人もいます。

それなりに要望もあるし、目標に向かって色んな準備をする時期になってきたので、3月末から初心者向けのパソコン教室を開くことにしました。4月からは1年間お休みしていた【えびす】も復活します。えびすは上級者向けのテーマを取り上げることも多いし、パソコン教室というスタイルではないので、基本的に非公開なんですが、定期的にスライドショー発表会をやりたいと思っているので、その時は誰でも参加できるようにしたいと思います。誰かに発表する機会があると作り手のモチベーションも違ってくるし、見る側も参考になることが沢山あると思います。

私も色んな人とコミュニケーションを取りながら、伝える力を養っていきたいなと思っています。