えべつやきもの市終了

えべつやきもの市終了

初日は強風、2日目は朝から大雨という生憎のお天気でしたが「えべつやきもの市」が終了しました。

このイベントに出店したのは、2013年、2014年(ari*ちゃんとコラボ出店)の2回で、今年で3回目の出店になりました。今年は、シャトルバス乗り場のすぐ近くという良い位置だったこともあり、朝からたくさんのお客さんが立ち寄ってくれました。

初日はこんな感じ(↓)でディスプレイしました。

2016070902

風鈴をテントの柱に添って飾ることにしましたが、風が強くて音が鳴りすぎて大変だったし、目線よりもかなり高い位置だったので、手の届かないお客さんもいました。付けていた短冊が飛んでいくことも多かったので、結局、1個だけ残し、他の短冊は外してしまいましたが、それでもかなり鳴り響いていました。

2016070906

2日目は朝からひどい雨で、午後になって雨脚が弱まってきたので写真を撮る気持ちの余裕も出てきました。こんな感じ(↓)でディスプレイしましたが、手前にあるマグにはたっぷり雨水が溜まってしまいました。

2016071002

初日の反省を生かして、風鈴を目線の高さのフォーメーションに変更しました。今回、茶色の黒板塗料を使って五郎さんに黒板を作ってもらい、2日目にはari*ちゃんに店名とハイビスカスを描いてもらいました。相変わらず、とてもセンスがいいんですよ~。

2016071009

今回初めて作ってみた水切りヨーグルトメーカーの「ミズキレール」は、初日で何の用途に使うものか聞かれることが多かったので、ポップを作っていきました。結局、ari*ちゃんが買ってくれただけで、その他は残ってしまいましたが、自分が使うために作ったものだし、残った時はお友達にプレゼントしようと思っていたので、値引きなどもせず、そのまま飾っておきましたが、アイディアを褒めてくれるお客さんもいました。

2016071004

3月中旬頃から作り始めた器たちは、おびただしい数になっていましたが、帰りにはかなり少なくなって、目ぼしい所はなくなりました。これからは夏山スイッチが入ると思うので、しばらく陶芸からは離れると思いますが、来年の方向性が見えてきたので、心機一転、再スタートが出来そうな気がしました。

2016071059

毎年、出店するイベントには、沢山のお友達が足を運んでくれるのですが、今回、私のことを知らない人が風鈴やマグを見て、手を伸ばして、買ってくれるのがとても嬉しかったです。

お買い上げいただいた風鈴が鳴らない、短冊が裂けてしまった、舌が割れてしまったなどのご相談があれば、お気軽にどうぞ。コメント欄でもメッセージでも構いません。

応援してくれるお友達、お越し&お買い上げいただいたお客様、コラボしてくれたari*ちゃん、展示台の制作協力をしてくれた五郎さん、いつも沢山の人に支えられています。今回、新しい出会いもあり、とても有意義な2日間でした。

また来年、ロクロの腕を鍛え直して出店したいと思いました。ありがとうございました~。



2 thoughts on “えべつやきもの市終了”

  • dominonさん、こんばんは~
    2日目の昼過ぎにお邪魔した、jei-boyとhatikenmamaです。
    お忙しい中、お話させていただきありがとうございました。分けていただいた丸顔とやや四角顔の猫ちゃんカップ、手になじみ使いやすく、お気に入りになりました(^^♪ 山に持って行きたいところですが、ちょくちょくスリップダウンする私、持ちだすのは危険か!?
    dominonさんは夏山がスタートしそうですね、ヤマレコ楽しみにしてます♪
    私達も、ニペソツ・富良野・平山・利尻そして大雪あちこちと、この夏行きたいところが目白押し。晴れを願い、楽しい夏山になれと念じております。どこかでお会いしましたらよろしくです(^^)v
    PS.お土産ありがとうございました。バードコール使ってみます♫

    • こんにちは、jei-boyさん&hatikenmamaさん。
      会場まで足を運んでいただき、猫たちの飼い主になってくれてありがとうございます。
      決して可愛い猫ではありませんが、マグとしての機能は果たせると思いますので、どんどん使ってくださいね。山に持っていくのはリスクが高いですが、風が強くても飛ばないし、何よりコーヒーがとても美味しくいただけます。
      週末は3連休なので、そろそろ夏山スイッチが入るかなと思います。基本日帰りがメインなので、どこかのお山でお会いするかもしれませんね。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください