サッポロモノヴィレッジの準備

サッポロモノヴィレッジの準備

札幌ドームで開催される「サッポロモノヴィレッジ」に出展します。このイベントは本日(5月26日)から始まりましたが、私は明日(5月27日)のみ、ライトブースという小さなスペースで出展します。

イベントの前日は準備に追われるというのが常で、学習能力が備わっていないのか、毎度バタバタしています。1週間前に窯出しが終わっていたので、毎日コツコツやっておけばいいものを、いつも前日に徹夜で準備することが多いです。今日が休みで良かったとつくづく思いました。

このイベントには、2年前にもライトブースで出展したことがあります。2m×1mというスペースなので、事務机一本と残ったスペースに在庫や梱包資材などを置くような感じです。前回のときに風鈴を飾れる棚を作ってもらったので同じものを使用しますが、下のスペースにピッタリはまる展示台を五郎さんに作ってもらいました。

一日で作ってくれました。角度が付いているので、下の段に置いたものも見やすくなっていて、いい感じです。

しかも、それぞれのパーツは取り外せるようになっていて、組み立ても簡単なので、私一人でも扱えます。

今日は朝から大量の器たちと格闘しました。持って行くものと持って行かないものを選別して、値段を付けて、プチプチで梱包していきます。小人の家もライトアップすると雰囲気がよくなりました。オレンジ系のライトは温かみがあっていいですね。会場では電源が取れないので、電池式のランタンを使います。

今年は小鉢ブームなので、小さめの器が多いのですが、木製トレーにセッティングすれば、器の組み合わせや使った感じをイメージしやすいかなと思います。

化粧土が剥がれた大失敗のマグやそば猪口は、ディスプレイ用に多肉植物を寄せ植えしてみました。失敗作とはいえ、個人的には気に入っているシリーズなので、どなたか気に入ってくれる人がいればお安く提供します。作品を展示する時にグリーンが入ると、雰囲気がグンと良くなるんです。

このイベントは、プロアマ問わず、モノ作りをしている作家さんが道内外から集まる大きなイベントです。入場料(前売り500円、当日600円)がかかりますが、お気に入りの作品が見つかるかもしれません。私も出展者というよりは、お客として他の作家さんを見て回りたいと思います。

私のコマ番号は「D-109」になりました。ライトブースという小さいスペースです。「ブログ見たよ」と声を掛けてもらえば、記念品を差し上げます。