リセットする時

自宅で使っているパソコンは、8年ほど前に作ってもらった自作機で、最初はWindows7で使っていて、その後Windows8.1にアップデートしていました。

かなり前からですが、パーティションの区切り方に問題があり、Cドライブの空き容量が異様に少なくなって、どうにもこうにも使えなくなっていました。昨年は、Windows10の無償アップデート期間があり、強制インストールされた人も大勢いましたが、私のマシンは容量不足でインストールされませんでしたね。(^^ゞ

30時間でそこそこマスター

問い合わせもぼちぼちありますので、滝川市のスキルアップセンターを借りて、パソコン教室を開くことにしました。最近は、やりたいことも使用環境もレベルにもかなりバラつきがあるので、ひとりひとりのレベルに合わせて個別に対応できるのが理想的なんですが、基本的なことが分からないまま、迷宮入りしている人が多いような気がしてなりません。やりたことは沢山あるのにその術が分からない人もいるし、何がやりたいのか分からない人もいます。

言葉で伝える力

ヨガをしていて思うことは、インストラクターの「言葉で伝える力」がハンパないということです。基本的にインストラクターは向かい合わせになるので、左右反対で説明してくれます。私なんて、右と左がどっちかも怪しくなってきてるのに、瞬時に左右反転した表現がスッと出てくるんです。

目を瞑ってポーズを取ることも多いので、インストラクターの動きを見ないこともあります。どこに意識を置くかポイントを押さえながら、そのポーズを取れるように言葉だけで伝えられるんです。

「聞きま専科」始めました。

最近、パソコンを習える場所が少なくなっているんですが、田舎では特に感じますね。パソコンが広く普及して、インターネットであらゆる情報が探せるようになっているので、基本的な操作が身に付いている人は、自己解決できるようになります。会社勤めをしている人ならば、職場に詳しい人がいて教えてもらう機会があったり、パソコンサークルなどでベテランに助けられたりと、色んな方法で取り組まれているのかなと思います。

フォントは人の手によって作られる

私は「自分で書くよりもキレイで早いから」という理由もあり、パソコンを使うようになりました。

パソコンを使い始めた人が、ワープロソフトあたりでちょっとしたものを作れるようになると、文字を大きくしたり、色を変えたり、好きなフォントに変えたり、覚えた機能をフルに使おうとします。パソコンが使いこなせたような気分になって、目がキラキラして、楽しくて仕方がない時期です。これが最初のステップなんですが、一つの文書の中で色んなフォントを使ってしまうと素人っぽい仕上がりになります。

激安パソコンと高価なソフトの話

私が20年ほど前に初めて買ったカラーノートパソコンは当時の最薄・最軽量で、定価100万円もしていました。「いつの時代の人間だ?」と思われそうですが、20年前、カラーノートパソコンは本当に高かったんです。あれから、何台買い替えただろうか…今じゃ、掃除機の方が高いんじゃないかと思うぐらいパソコンの値段は安くなっていますね。

「鍋焼きうどん」と「冷やし中華」

去年の個展の時に展示していた「言霊プレート」で使った「木に印刷する」という手法に興味を持つ人が多かったので、それをやってみることにしました。木に直接印刷しているわけではなく、特殊な用紙に印刷して水で転写するだけなので、パソコンとプリンタとこの用紙があれば、誰でも作れます。透明のシールを使うよりも転写シールの方が素材に馴染むので、墨で書いたようにも見えるし、焼印風にも見えます。凹凸のあるものにも転写できるので、用途は広いと思います。

匠の技とふれあう日

3月14日(土)スキルアップセンター空知(滝川市)で行われる振興事業「匠の技とふれあう日」というイベントがあります。空知管内のあらゆる企業の職人が技術を披露したり、技能体験したり、販売などが行われ、毎年多くの人が訪れるそうです。

Office冬期トレーニング

先週から始まっているのですが、Word&Excelを中心とした冬期トレーニングを行っています。私自身のスキルは全く進歩していないのですが、それでもパソコン教室を開いて欲しいという要望が多いので、今年も行うことにしました。

何でもそうだと思いますが、何かを覚えるためには「目的」と「時間」が必要ですよね。パソコンを含めたデジタル機器の使い方をマスターしたいという人は多いんですけど、スタート地点も違うし、ゴール地点もバラバラになっていて、足並み揃えて取り組むことが難しくなってきました。

来場アンケート結果

灯の杜では「入林届」という形で、来場アンケートを取っていたんですが、やっと入力作業と集計が終わりました。せっかく書いてもらったものなので、きちんと集計をして、今後に役立てていきたいと思います。

最初のうちは積極的に配っていなかったので、アンケートの回収率は半分ぐらいですが、それでも218枚集まり、大変貴重なデータとなりました。集計はもちろんExcelを使っています。

わがまま万年カレンダー

「魚を与えれば、一日食べていける。魚の取りかたを教えれば、一生食べていける。」という釣りの名言がありますが、今日は釣りの話・・・じゃなくて、パソコンの話を少ししたいと思います。

パソコンは、計算・繰り返し・記憶・検索が得意です。しかし、人間のように柔軟にはできないし、曖昧なことは苦手です。

友情出演プレート

展示会などで作者を紹介するためのプレートやカードがありますね。家庭用のインクジェットプリンタの性能も良くなっているので、パソコンで作る人も多いと思います。印刷したものをラミネート加工するとか、発泡スチロールで台紙を作って貼るとか、和紙などに印刷するとか、やり方は色々ありますね。
友情出演してくれる人たちへの感謝の気持ちを込めて、作品が最大限に引き立てられるような演出をしたいと思っています。私のスキルを最大限に発揮できるのがこの辺りだと思います。どんな風にしようかと考えていると、次々とアイディアが浮かんできます。
こういう小物に関しては結構こだわるタイプですが、今回の展示には木をふんだんに使っているので、名札のプレートも木にしようと思っていました。木に文字を入れるにはやっぱり焼印が一番合うと思うんですが、本物の焼印を作るととんでもないお金が掛かりそうなので、焼印もどきです。(笑)

ポスターの制作

今回の個展についても、これまで培ったノウハウをフルに使っていますが、イベントなどを行う場合、ポスターとか印刷の会場には入口にウェルカムボードやポスターなどがあると思います。私の場合、ポスターとかフライヤーといった類の印刷物を作るときはIllustratorを使うことが多いです。覚えるまでには時間がかかりましたが、成果物をどんどん作りながら色々な機能を体で覚えていきました。パソコンに限らず、知識をインプットするよりも、経験をアウトプットすることの方が大事だと思っています。

ポストカードデザイン

個展まであと3週間を切りましたが、まだ正式な案内状を作っていなかったので、ポストカードをデザインしました。

私はAdobe製品を長く使っていますが、去年からはCreativeCloudに切り替えたので、Adobe全製品の最新バージョンが使えるようになってとても快適です。デジタル画像の現像にはLightroomを使うようになりましたが、大量の写真を現像するときもPhotoshopでやるよりもずっと効率よくできるようになり、とても便利ですね。Lightroomで文字などの入力はできないので、デザインはPhotoshopかIllustratorを使っています。写真中心の時はPhotohsop、文字が多いときはIllustratorかな。

ワンコインセミナー「Windows8 & Office2013」

ここ最近の旬な話題といえば、やはり「WindowsXP&Office2003のサポート終了」ではないでしょうか。4月9日にサポートが終了するので、あと1週間しかありません。Windows8に買い替えたけど使いづらくて困っているという人もいるし、買い替える気なんて全然ないという人もいるかもしれません。私自身も一番長く使ったOSだし、Office2003のコマンドラインは空で言えるほどですが、それでもメーカーのサポートが終わるなら、それに対応しないといけないと思っています。